菊陽町社協からのお知らせ 地域福祉活動計画 ボランティアに関心がある方へ 高齢者の方へ 生活・家事・子育てでお困りの方へ
菊陽町介護予防・生活支援事業



  2000年4月1日、介護保険が始まりました。
  菊陽町社会福祉協議会は、保険のとりくみで居宅介護支援事業所、訪問介護、
  訪問入浴を実施していきます。
  しかし、介護保険の中だけでのとりくみではどうしても 、介護を必要とする
  高齢者のあらゆるニーズに応えることができません。
  そこで、菊陽町社会福祉協議会では、介護予防・生活支援事業として
  上記の4つの介護援助サービスを行います。
  菊陽町に住んでおられる高齢者の方々が、家族や地域に支えられながら
  いつまでも健康で いきいきとした生活を送れるためのとりくみです。

  このホームページで、そのあらましをご紹介します。

◆お問合せ先

電 話 番 号
菊陽町役場健康保険課
(096)232-4912
菊陽町社会福祉協議会
(096)232-3593
菊陽町高齢者相談センター
(096)232-3266






◆サービス内容

このサービスは食事の調理が困難な高齢者の方に対して定期的に居宅に訪問して、
栄養バランスのとれた食事を提供します。
また、定期的に訪問することで、利用される方の安否を確認します。
そして健康状態に異常があった場合には、関係機関にただちに連絡をとります。

◆利用できる方

町内に居住されている、おおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯、及び
これに準ずる世帯並びに身体障がい者であって、老衰、心身の障がい及び傷病 などにより、
食事の調理が困難な方で、申請が認められた方です。
原則として、利用される方1人あたり週5日、1日1食を限度として配食を実施します。

◆利用料金

1食当たり400円です。


トップへ戻る





◆サービス内容

一般の交通機関を利用するのが困難な、高齢者や重度身体障がい者の方に対して、
リフト付き車両等を使って、ご自宅と、在宅福祉サービスを提供する場所や医療機関等との
間を送迎するサービスです。
運行の範囲は、菊陽町役場を起点として、路程が10Km以内とします。

◆利用できる方

町内に住居されている、おおむね65歳以上の老衰、心身の障がいや疾病等の理由で
臨床している方、又は下肢が不自由な方で、家庭内で送迎することや一般の交通機関を
利用することが困難な方です。

◆利用料金

1回500円です。


トップへ戻る


◆サービス内容

家に閉じこもりがちなひとり暮らしの高齢者に様々な施設を活用し、生きがい活動などの各種
サービスを提供することによって、利用される方の社会的な孤立感を解消すること、及び
自立生活の助長を図ることを目的としたサービスです。
生きがい活動には、援助員を配置して、利用される方のニーズや身体の状況に応じ、
きめ細やかなサービスを提供します。利用できる施設は、老人福祉センター、町民センター、
公民館、学校の空き教室その他このサービスを適切に実施することができると認められる
施設です。 サービスの内容は次の通りです。


●教養講座(健康・生きがい関係)
●高齢者スポーツ活動
●陶芸・園芸などの創作活動
●手芸・木工・絵画などの趣味活動
●日常動作訓練(輪投、健康器具の活用など)
●その他(遠足、社会奉仕活動など)

◆利用できる方

町内に居住する比較的元気なおおむね65歳以上のひとり暮らしの方や家に閉じこもりがちな
方で、申請が認められた方です。

◆利用料金

利用料は1回600円です。
(武蔵ヶ丘小学校・老人福祉センター・東部町民センター等に於いて、週1回参加できます。)


トップへ戻る


◆サービス内容

基本的な生活習慣ができなかったり、対人関係が成立しないなど、日常生活が困難な場合に
訪問して、軽度の日常生活上の援助、指導を行なうことにより、在宅のひとり暮らし高齢者など
の、自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止することを
目的としたサービスです。 援助の内容は次のうち必要と認められるものです。


●調理
●衣類の洗濯及び補修
●住居等の掃除及び室内の整理
●生活必需品の買物
●関係機関などとの連絡
●外出時の付き添い
●その他必要と認められるもの

◆利用できる方

町内に居住するおおむね65歳以上の単身世帯、高齢者のみの世帯及びこれに準ずる世帯の
高齢者で、日常生活上で軽度の援助を必要とする方です。

◆利用料金

1時間200円です。


トップへ戻る