菊陽町社協からのお知らせ 地域福祉活動計画 ボランティアに関心がある方へ 高齢者の方へ 生活・家事・子育てでお困りの方へ
生活福祉資金貸付事業



この制度は、低所得者世帯、高齢者世帯や障がい者世帯などに対して
低利で貸付を行い、
その世帯の経済的自立と生活意欲の助長促進並びに在宅福祉及び
社会参加の促進を図り、
安定した生活が営めるよう支援する貸付制度です。

◆資金の種類

資 金 の 種 類
電 話 番 号
 総合支援資金
 失業者等、日常生活全般に困難を抱えており、
 生活の立て直しのために継続的な
 相談支援(就労支援、家計指導等)と生活費及び一時的な
 資金を必要とし、貸付を行うことにより自立が見込まれる世帯に
 貸し付ける資金。
 (1)生活支援費
 (2)住宅入居費
 (3)一時生活再建費
 福祉資金
 低所得世帯、障がい者世帯又は高齢者世帯に対し、
 次に掲げる経費として貸し付ける資金。
 (1)福祉費
     日常生活を送る上で、又は自立生活に資するために、
     一時的に必要であると見込まれる費用
 (2)緊急小口資金
 教育支援資金
 低所得世帯に対し、次に掲げる経費として貸し付ける資金。
 (1)教育支援費
 (2)就学支度費
 不動産担保型生活資金
 高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として
 生活資金を貸し付ける資金。
 (1)不動産担保型生活資金
 (2)要保護世帯向け不動産担保型生活資金

 ※資金の具体的な対象、資金使途についてはお尋ねください。


◆資金の申込(借入)際して

  ー敍の相談は、お近くの民生委員あるいは、お住まいの市町村社会福祉協議会です。

 ◆,海寮度は他の貸付制度(日本学生支援機構など)を利用できる場合は、
    それを優先します。

  収入の多い世帯及び負債が多い世帯は貸付対象にならない場合があります。

 ぁ‖召亮敍金の返済及び滞納分の支払いなどのために借りることはできません。

 ァ]帯保証人が原則1名(保証能力があり、原則として県内に居住しているこ)
    必要になります。ただし、申込者の世帯状況等に応じ、2名必要な場合があります。

 Α〇餠發亮敍れ及び償還期間中は、民生委員の相談支援を受けることになります。


 ::お問合せ先::

電 話 番 号
 菊陽町社会福祉協議会
(096)232-3593
 熊本県社会福祉協議会
(096)354-5454


◆福祉金庫

 この制度は、生活に困り援護を必要とする世帯に対し、応急的に資金の貸し付けをします。 貸付額は5万円以内で、無利子です。


◆高額療養費資金貸付

 この制度は、菊陽町国民健康保険の被保険者を対象に貸付をします。
 なお、町発行の「限度額適用認定証」を利用される方は、ご利用できません。

 (その他の政府管掌健康保険及び船員保険健康保険の方は、
  事業主または、社会保険事務所にご相談下さい。)

 高額療養費が支給される(3〜4ヶ月)までの間、当座の医療費の支払いに
 当てるための資金を無利子で貸し付けています。

 高額療養費支給見込額の8割相当額(100円未満の端数は切り捨て)の貸し付け金と、
 申込時にお預かりする自己負担額並びに高額療養費支給見込額の2割相当額を、
 10日前後で医療機関の口座に振り込みます。


 ::お問合せ先::

電 話 番 号
 菊陽町社会福祉協議会
(096)232-3593


トップへ戻る